よくあるご質問

経営コンサルティングに関してよくあるご質問を掲載しております。本ページに関してご不明点や気になることがございましたら、お気軽にこちらからお問合せください。→お問合せフォームへ

Q. 経営コンサルティングを利用するとどのような変化が起こりますか?

A. 大半の中小企業が知らない、高収益企業や無借金長寿企業だけがやっている経営手法を使えるようになります。結果として収益力が向上して会社にお金が残りやすい企業体質となり、経営の安定が促進されます。

Q. 経営コンサルティングを導入すると日常業務への負担が大きくならないですか?

A. “新しい動き”は発生しますが、“効率化”が進みますので、基本的に業務の負担は軽減します。特に社長は、自由になる時間が増え、余裕のある指揮を取れるようになります。

Q. 経営コンサルティングの費用は高いのですか?

A. 案件、お客様ごとに業務内容から適性報酬を算定し、なるべく費用負担がかからないように配慮して報酬額を決定しますので、ほとんどのお客様から「費用対効果で割安だ」との評価をいただいております。

Q. コンサルティングの実施期間はどれくらいになりますか?

A. 3カ月から12ヶ月で完了することが大半ですが、依頼内容やご依頼時の状況によって異なってきます。また課題を解決した後にブレーンとして継続サポートをご希望されることがあり、その場合は期間を延長し、数年間継続してサポートをするというケースも少なくありません。

Q. コンサルティングを導入するメリットはどのようなことですか?

A. 自力では解決できない、会社存続に影響を及ぼす重大な経営課題を、より簡単に、より早く、より少ない費用と手間で解決する方法を入手できるということです。具体的には、以下のようなメリットが期待できます。「自社では生み出すことが困難な“存続し続けるための経営ノウハウ”を速やかに得られる。」「自力で構築しようとすると多額の費用と膨大な時間・手間がかかる財務強化の仕組みを、ローコストかつ短期間で入手できる。」「本来は、多くの失敗・経験という代償を払って得ることになる“安定経営のコツ”を、失敗や経験を経ずに得られる。」

Q. 経営コンサルティングの内容はコストカットをするだけですか?

A. ムダなコストがある場合はコストカットをサポートするときもあります。しかし、中心となるサービス内容は他社で成功している収益増加方法やキャッシュフロー改善方法、そして組織運営方法などの現実的な会社経営を向上させる仕組みをご提供し、実行できるようにサポートをします。

Q. 他社との違い、強みはなんですか?

A. 社長の実務目線で経営の役に立つように工夫が折込まれていることです。経営、銀行融資、税理士や弁護士とのコミュニケーション、生命保険や損害保険の活用など会社経営を左右する重要事項をトータルでサポートしておりますので「使い勝手の良さ」でご満足いただいています。

Q. 必ず効果はでますか?

A. 残念ながら、絶対に効果が出るわけではありません。ただし、効果を出せるノウハウやテクニックのご提供と実行できるようになるまでサポートはします。結果的に、これまで9割弱のお客様にはご満足いただいております。

Q. コンサルティングを依頼して断られる場合はありますか?

A. 余程のことが無いかぎり、お断りすることはありません。依頼をお断りする、あるいは途中で中断するという事態が起こるケースは、お伺いしていた情報に虚偽があったり、信義則に反する行動をされてしまう場合、あるいはコンサルティングでは対応不能な状況の場合などです。

Q. どのような企業がコンサルティングを依頼していますか?

A. 業種は、製造業・企画卸売業・サービス業などが多いです。主に「売上を増やしたい」「キャッシュフローを改善したい」「銀行融資の問題を解決したい」「赤字状態から黒字に転換したい」といったニーズをお持ちのお客様から依頼を受けております。

Q. 決算書を読むことが苦手でも経営コンサルティングを活用できますか?

A. 経営進化研究所では、決算書が苦手であったり、実務経験の浅い経営者のお客様へのコンサルティングも支障なく行っております。
お客様ごとのケースに沿ったオーダーメイドで、懇切丁寧な対応を心掛けておりますので安心してご利用いただくことができます。

お問い合わせ・ご相談はこちら