【Blog 経営ノート⑬】 会社に必要な収益を確保できる経営者と確保できない経営者の違い

◆会社に必要な収益を確保できる経営者と確保できない経営者の違いとは?◆

 

逆境に遭遇しない会社経営はあり得ません。

 

経営者は常に業績が好調であることを望み、様々な挑戦をしつづけますが、必ず逆境に遭遇します。

 

結果として「逆境を乗り越える」か「逆境に屈するか」の二つに一つです。

 

「逆境を乗り越える」ことができる経営者は、業績が不振に陥っても状況を打破し「会社に必要な収益を確保できる」経営者です。

「逆境に屈する」経営者は、業績が不振に陥ったら状況を打破できず「会社に必要な収益を確保できない」経営者です。

 

この両者を分けるものはどのような違いなのでしょうか?

 

経営者としての実績・キャリアの差?

経営学や経営理論を理解しているかどうか?

経営ノウハウを使いこなせるかどうか?

忍耐力の差?

リーダーとしての人格、人望の差?

 

いずれも、正解ではありません。

 

では両者を分けるる違いとは一体どのようなことなのでしょうか?

 

経営進化研究所がこれまでの研究から導き出した結論は

「 過去に縛られず、過去を活かせるかどうか? 」です。

(ここでいうところの過去とは自社だけでなく他社も含みます。)

詳細は本ブログでは割愛しますが、現在は単独で存在しているものではなく、過去の延長線上にあるということ。

従って現在を変えるためには過去の捉え方、扱い方が鍵となってくるということです。

 

もしも、逆境を乗り越えられず業績不振の苦しみが続いているときは、以下の二つの問いを自問自答しみてください。

「何か過去に縛られていないか?」

「活かせる過去を見逃していないか?」

 

二つとも「イエス」ならば、逆境を乗り越え、業績不振から脱却できる手応えを今現在掴んでいるはずです。

 

もしも改善の手応えを掴めていないのであれば、二つの問いのうち一つあるいは二つとも「ノー」の可能性が高いです。

(その場合は、固定概念の落とし穴にはまってしまっているかもしれませんので、速やかに客観を取りいれることをお勧めします。)

 

これから、時流の変化が激しくなっていきます。

時流に飲み込まれてしまうのか、時流を味方にするのかは、経営スタンスを「過去」とどう向き合わせるか?にかかっています。

 

御社の経営スタンスはいかがですか?

 

< 最後まで経営進化研究所のブログを読んでいただいた貴方へ  >

実際に経営を良くする方法についてもっと詳しく知りたいという場合には以下のメルマガをご活用ください。

ブログでは公開していない有益な情報をお伝えしています。

 

経営進化研究所公式メールマガジン「ライバルに差を付けて高収益を産みだす敏腕経営者になるためのメルマガ」

⇒  メールマガジン(無料)を登録する