【Blog 経営ノート③】 売上アップのための方策 売上増加に失敗しないために外せない一つのコト

◆売上アップのための方策 売上増加に失敗しないために外せない一つのコトとは・・・・・?◆

----------------------------------------------

----------------------------------------------

 

中小企業が売上アップを成功させるためにはコツがあります。

 

余剰資金がない中小企業が新たなアクションを起こすときには、なるべく予算は少なく、手間はかけずに必要な効果を発揮させたいものです。

 

貴重な予算と労働力を使うわけですから、なるべく無駄な失敗は避けたいものです。

 

今回は、「失敗を回避ながら低予算でなるべく苦労せずに売上アップを成功させる」ために必要なある一つのコトをお伝えします。

 

このことを知って売上アップを目指すのと知らないままで目指すのとでは、雲泥の差がでることになります。

 

知らないまま行う経営上の危険度合いは、たとえば、アマゾンのジャングルを原住民のガイド無しで自力で旅するようなものです。

 

ですから、本稿では“ある一つのこと”を押さえておくことをお勧めします。

 

 

まず中小企業が売上アップを狙って使用する手段としてはつぎのいずれかになるでしょう。

 

【リアル広告の場合】

新聞折り込みチラシ、ポスティングチラシ、新聞広告、交通機関、看板広告など。

 

【ネット広告の場合】

グーグルアドワーズやヤフーのスポンサードサーチといった課金型の広告によってHPの宣伝、営業用のランディングページを制作してリスティング広告で宣伝など。

 

【ソーシャルネットワークの場合】

フェイスブックページをフェイスブック広告で宣伝、ツイッターのツイートで拡散、アメブロなどのブログの記事で宣伝など。

 

【マンパワーの場合】

社内の人的資源による電話や訪問による営業、営業代行会社への外注による電話や訪問による営業など。

 

【その他】

メルマガ、FAXDM、ダイレクトメール、など。

 

売上アップを狙って使用する手段には御社の状況によって様々な選択肢があります。

しかし、いずれの方策を行うにしても実施した後に期待がはずれ、投下した費用に見合う効果が全く得られず失望することは、残念ながら珍しくありません。

 

では、期待はずれに陥らずに投下した費用に見合う効果を得るためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

それには、本来はマーケティングテクニックやコピーライティングテクニック、顧客獲得ノウハウなどが必要となってくるのですが、その前提としてアクションを失敗しないために外せない、ある一つのことがあります。

 

それは、御社が想定する顧客ターゲットに対して伝える宣伝情報の内容の中に、顧客の購買行動を誘発する「購買スイッチ」を折り込んでおくということです。

 

「購買スイッチ」とは、わかりやすくいえば顧客の購買欲求を刺激する情報。

つまり顧客ターゲットに伝える宣伝情報の中に、「それが欲しい!」という感情を顧客の頭の中に生み出すベネフィットを折込んでおくということです。

 

最近、広告の反応が低迷している・・・・。

 

高額を広告費に投下しているのに売上の減少が止まらない、売上が増えない・・・・。

 

値下げしたのに、思うように売上が出ない・・・・。

 

このような悩みが解決できずに困っているときには

 

まず「購買スイッチ」がしっかり折込まれているかどうかを見直してみてはいかがでしょうか?

 

当社では、売上不足や利益減少に悩まれている企業をサポートする際には、マーケティングテクニックやコピーライティングテクニック、顧客獲得ノウハウを効果的に使うことで 「失敗を回避ながら低予算でなるべく苦労せずに売上アップを成功させる」体制を構築するようにしています。

本稿に関するお問合せ、または売上アップの具体策を必要とされている方は、当社の無料経営相談をお勧めします。

 

当社の無料経営相談をご希望される場合はこちらからどうぞ。

→お問い合わせフォームへ

 

本稿が激動の日本で活躍されている中小企業経営者の皆様にとって、少しでもご参考になれば幸いです。